SEO対策

【SEO対策 初級編】収益化ブログでやるべきSEO設定(内部施策)9つのステップ

副業に詳しいアザラシ

どもども、副業に詳しいアザラシです。

今日はこんな悩みを解決!
  • ブログで稼ぎたい!
  • SEO対策ってなに?
  • ブログ初心者はどうやってSEO対策すればいいの?

ブログをより多くの人に見てもらうためには、「正しいSEO対策」が欠かせません。

子アザラシ

正しいSEO対策ってなに?知識ゼロでもできるの??

副業に詳しいアザラシ

ポイントを押さえれば難しくないで!SEO対策が弱いブログは誰にも読まれないからな。。

ブログで年間1,400万円を稼いだアザラシが、最初に学んだSEO対策を共有します。

この記事を最後まで読めば、自分で最低限のSEO対策ができるようになり、稼ぐブロガーたちと同じ土俵に立つことができます。

ブログ初心者にもわかりやすく解説したので、何度も読んで他の初心者ブロガーに差をつけましょう。

そもそもSEO対策ってなに?という人はこちらの記事を先にどうぞ↓

ブログのSEO設定(内部施策)の重要性

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字の略です。

これを日本語で訳したら「検索エンジン最適化」となります。

簡単にいうと、「Googleなどの検索エンジンに認識してもらい、高い評価をもらうことで、検索の上位に記事が表示されやすくなる」というものです。

副業に詳しいアザラシ

つまりSEOとは「検索結果で記事を上位に表示させるための施策」のことや!

調べたいキーワードに対して、的確な答えが検索上位に上がってくれば、その検索エンジンの信頼性が上がり、利用する頻度が増えますよね?

検索ユーザー数や検索頻度が増えれば増えるほど、企業から広告を掲載して欲しいというニーズも生まれます。

そのため、検索エンジン側としては常に検索ユーザーに対して利便性を高めたいと考えるのが普通でしょう。

ゆえに、記事やブログなどの情報には、検索ユーザーにとって「より欲しい情報があるかどうか?」が問われることになります。

子アザラシ

つまり、検索ユーザーが求めているのは、簡潔でわかりやすい結論ってことか!

たとえ情報が正確であったとしても、専門的すぎる用語を並べた文章では読みづらいですよね?

そうなれば、検索エンジンに高評価をもらうことが難しくなり、検索上位に上がりにくくなってしまいます。

ブログにおけるSEO対策は「読者に対して役立つ記事を提供すること」といってもよいでしょう。

1. ワードプレスでブログ立ち上げ

ブログは「ワードプレス」というサービスを使って立ち上げましょう。

『なぜワードプレスで始めるべきなのか?』についてはブログの始め方の記事で解説しています。

ワードプレスには「プラグイン」と呼ばれる拡張機能が充実しています。

副業に詳しいアザラシ

スマホでいう「アプリ」みたいなものやね!インストールするとできることが増えて、SEO対策も強くなるで!

標準のWordPressにさまざまなプラグイン(拡張機能)をインストールすることで、

  • webサイトの分析を行える
  • お問い合わせフォームを簡単に設置できる
  • webサイトの外観を整えられる

など、便利な機能が使えるようになります。

もちろん、SEOに強い基本設定をしてくれるものも多く存在するため、ブログを立ち上げるならワードプレスが断然おすすめです。

副業に詳しいアザラシ

というか、ブログで稼ぎたいならワードプレス一択やな!

>> ワードプレスでブログを始める方法

ブログが評価される仕組み

そもそも検索エンジンがどのような経緯であなたのブログを評価しているかというと、

こんな仕組み!
  1. ブログ記事を投稿すると、クローラーがあなたの記事を発見する
  2. 『発見したブログ記事』が、検索エンジンのデータベースにカテゴリ分けされ、登録される
  3. Googleのアルゴリズムにより検索順位が決められ、検索キーワードと関連性の高いものから順に並べて表示させられる

上記のような仕組みです。

ワードプレスで作られたブログ記事は、Googleのクローラーが①で挙げたようにクロールしやすい構造を持つため、検索エンジンで上位表示されやすい傾向にあります。

また、直帰率や離脱率の増加を防ぐために、ページの表示スピードをあげるプラグインも用意されていますし、スマホのレスポンシブデザインにも対応できます。

副業に詳しいアザラシ

SEO対策にもなる『パーマリンクの最適化』も簡単や!記事の後半で詳しく解説するな!

他のブログサイトと比べてSEOに強い性質を持っていることからも、ワードプレスブログを開設することがおすすめです。

2. HTMLサイトマップの設置

サイトマップとは、Webサイトにあるサイト全体のページ構造やコンテンツを一覧で表示しているページのこと。

その役割は大きく分けて2つあります。

サイトマップの2つの役割!
  1. ユーザーや検索エンジンにサイトの内容をわかりやすく伝える
  2. サイトの全体像がつかめる

コンテンツ量の多いWebサイトやメディアでは、大半がサイトマップを作成しています。

ゆえに、サイトマップを設置するだけで検索ユーザーがある程度使いやすいサイトに改善できることになります。

使いやすいサイトはサイト内での回遊率を上げ、滞在時間を増やすことでSEO効果が期待できます。

HTMLサイトマップとは?

検索ユーザーの利便性のために設置するものが『HTMLサイトマップ』です。

サイトに訪れた検索ユーザーに対して、

  • このサイトにはどのようなページがあるのか?
  • 今はサイト内のどこにいるのか?

ということがわかるように、情報を教えてくれます。

HTMLサイトマップの設置方法

サイトマップは自分で作成することもできますが、構造が複雑&アップデートや更新のたびに自身でカスタマイズする必要があり、おすすめしていません。

ワードプレスの拡張機能として「PS Auto Sitemap」というプラグインを導入すれば、自動でHTMLサイトマップを作成することができます。

副業に詳しいアザラシ

新規ページも自動で追加されるし、自分でサイトマップを作るよりも簡単や!導入しておこうな!

設置方法はとても簡単で、プラグインをインストールし、有効化するだけ。

その後は新しい記事を公開したり、もともとあった記事をリライトして更新することがある場合に、新しいサイトマップを作成すればOKです。

3. サーチコンソールでXMLサイトマップの送信

「サーチコンソールでXMLサイトマップの送信してみましょう」といわれても、よくわからないですよね?

新規の記事をつくったあと、検索エンジンにクロール(探して)ほしいURLを伝える必要があるため、「URLリスト」を「XMLサイトファイル」として作成する必要があります。

XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録しておくことで、あなたのサイトに優先的にクローラーが来て巡回しインデックスが早まる効果が期待できるのです。

副業に詳しいアザラシ

XMLサイトマップには、ページの更新日付を伝えることもできるんや!

ページの更新日付を伝えることで、ページ更新があったことを検索エンジンに伝えることができます。

ちなみに、ワードプレスでXMLサイトマップを作成する場合もプラグインを使用します。

「Google XML sitemaps」という便利なプラグインがありますので、今すぐ使ってみましょう。

4. パンくずリスト作成

パンくずリストとは、「ユーザーがいま、Webサイト内のどの位置にいるのかを視覚的に分かりやすくするプラグイン」のことです。

ferret参照

パンくずリストを作成することでサイトに「構造化データマークアップ」が設置され、Google側がサイト構造を認識しやすくなることで、評価につながります。

パンくずリストの役割は、大きく分けて以下の2つです。

パンくずリストの役割!
  1. 検索ユーザーの利便性
  2. SEOのプラス効果

簡単に解説します。

検索ユーザーの利便性

現在表示しているコンテンツと繋がった上位のカテゴリを表示することで、ユーザーが以前に表示したページに簡単に戻ることができます。

SEOのプラス効果

ページを循環し、どのページがどのカテゴリ分けされているのかをパンくずリストを通して認識してもらえる仕組みです。

Googleのクローラーがサイトを巡回し、構造を把握するのを助けることになります。

子アザラシ

なんか、、かわいい名前のわりに難しいね、、

副業に詳しいアザラシ

パンくずリストについては、正直ここまで詳しく理解していなくても大丈夫や!

とはいえ、構造がわかりにくいサイトは検索ユーザーにとっても使いにくいものです。

それがGoogle側からしても検索順位を下げている仕組みになっていることは、頭に入れておきましょう。

5. SEOプラグイン導入

ここで紹介するのは、「All in One SEO」というプラグインです。

初心者でも使いやすい仕様で、SEOの内部施策に関するあらゆる設定が可能になります。

副業に詳しいアザラシ

SEOの内部対策をほとんど自動化することができるから、とても人気なプラグインやで!

All in One SEOには無料版と有料版がありますが、スタートアップには無料版でも事足りるでしょう。(有料版ではサポートサービスや機能がさらに充実しています)

SEOプラグインの主な機能

① ディスクリプション、キーワードの設定

検索した際にタイトル名の下に表示されるサイトの中身の説明文(=ディスクリプション)や、消費者が検索してくれそうなキーワードを設定できます。

② Googleサーチコンソールと連携できる

Googleサーチコンソールは、検索ユーザーがどのキーワードで検索したときに、結果としてどのように表示されたかなど、サイトのアクセス前のデータを取得できるのが特徴です。

​​サーチコンソールに自分のサイトを登録して、クロールしインデックスしてもらえるようにします。

③ Googleアナリティクスと連携できる

アクセス解析に便利なツール、Googleアナリティクスと連携できます。

Googleアナリティクスは、サイトを訪れた訪問者の数を計測したり、サイト内での人々の動向を調査することができます。

副業に詳しいアザラシ

ユーザーが自分のブログにきた経路がわかるから、SEO対策やSNSの強化について方針がたてやすくなるで!

また、サイト内での行動がわかるので、記事ごとのページビュー数や直帰率などのデータを調べられます。

記事のリライト(ユーザビリティを意識した質の高い記事に書き換えること)や、導線の見直しなどに役立てることができますね。

④ XMLサイトマップの送信

XMLサイトマップを送信し、クローラーが優先的に来て巡回しインデックスが早まります。

⑤ noindexの設定

noindexを設定すると、「そのページを検索結果に表示させないでほしい」というシグナルを発信できます。

つまりサイトの質を保つために、Googleの検索結果にサイトが表示させないページを設定できます。

例えば、404エラーページやサイト内検索ページ、サンキューページなどは、検索結果に表示させる必要性がありません。

⑥ ソーシャルメディアの設定

FacebookやTwitterなどのSNS連携をする際に、ブログ記事のサムネイルやタイトルなどが適切に出るようにSNS機能を有効化することもできます。

以上のように、Googleの検索順位に反映されやすくなるような施策が簡単に設定できるようになります。

6. メタディスクプリクションの設定

Yahoo!やGoogleの検索時にタイトルの下に、いくつかの文章が表示されているのを見たことはありませんか?

上記画像の赤枠内の説明文を「メタディスクプリクション」といいいます。

メタディスクプリクションとは、「そのページがどんな内容なのか」を検索ユーザーに伝える役割を持っています。

ユーザーが検索したときにディスクリプションが欲しい情報の内容を含んだ説明文であれば、ページをクリックする可能性が高まりますよね?

子アザラシ

たしかに!いくら検索順位が高くても、クリックされなかったら意味ないもんね!

一目でそのコンテンツの内容が把握できるメタディスクプリクションを設定していれば、ユーザーにクリックされる可能性が高まり、読者を獲得することができます。

ページタイトルとメタディスクプリクションに適切にキーワードを含ませて設定することは、検索結果を上位にあげるだけでなく、CTR(クリック率)を高めるのにも役立ちます。

CTRを高めることで、検索順位の決定に好影響を与えることに繋がることを覚えておきましょう。

7. パーマリンクの設定

パーマリンクとは、そのサイトの変わることのないURLのこと。

副業に詳しいアザラシ

以下の画像の赤枠の部分や!別名「固定リンク」とも呼ばれるで!

普通、ワードプレスでページを作ると、そのページのURLは数字と記号の組み合わせで表示され、まるでIDで書かれているような感覚を覚えます。

それよりも「そのページにどんな内容が書かれているのか?」をわかりやすい表記で書いたほうが、ユーザーにとっても嬉しいですよね。

パーマリンク自体にSEO対策の効果は期待できませんが、ユーザーのクリック率はSEOに影響を与えるため、結果として設定しておいたほうがよいでしょう。

キーワードがうまい具合に入っていると、クローラーに認識してもらいやすくなる可能性もあります。

また、複雑で長いリンクはクローラーの読み込みを難しくしてしまうので、できるだけ簡潔にわかりやすいパーマリンクを設定しましょう。

サイト運営者からしても、どのページにどんな内容があるか、ひと目で見やすいほうが運営がしやすいはず。

なお、パーマリンクを変更すると検索エンジンから別の記事として認識されてしまうため、SEO評価がリセットされてしまいます。

子アザラシ

えー!それは怖い!パーマリンクはむやみに変えないほうがいいんだね!

そのため、一度設定したら基本的には変更できないことも踏まえ、どの文言で登録するとよいかを考えましょう。

8. 画像のalt属性の設定

Googleなどの検索エンジン(クローラー)は、あらゆる画像を完全に判別することはできません。

そのため、検索エンジンに「挿入した画像の内容」を伝える必要があります

副業に詳しいアザラシ

それには「alt属性」という設定が欠かせないで!

設定方法は非常に簡単で、投稿画面より画像をメディアから選択し、「代替テキスト」という部分にテキストを挿入すると、それが自動的にalt属性になります。

alt属性を設定しておくと、画像が表示されない時には代替のテキストとして表示がされるようになります。

また、検索エンジンに画像の意味を正確に伝えることで、画像検索でもヒットするようになったり、Googleクローラーへのアピールに繋がるため、SEO効果も望めます。

ぜひ、設定しておきましょう。

9. 広告リンクをnofollowにする

記事に送付されているリンク先が、広告や内容の薄いページだと、ユーザーはその記事に対して不信感を抱いたり、ガッカリしますよね?

また、検索エンジンのクローラーが必要のないと判断された記事(内容が重複しているページなど)にクロールされてしまうと、質が低いサイトであると認定されかねません。

副業に詳しいアザラシ

それを防ぐには「nofollow」を活用すればOKや!

nofollowとは、リンク先ページにSEO効果を渡さないようにすることができるHTMLタグです。

該当するページにnofollowを設定しておけば、そのページはクロールされることなく、より重要なページへのクロール頻度を増やすことができます。

クロール頻度が増えると、ページの情報がより正確に検索エンジンのデータベースへ「登録」=インデックスされるようになります。

子アザラシ

なるほど!nofollowを効果的に利用することで、サイト内のクロールを最適化できるんだね!

まとめ

いかがでしたか?

ブログで稼ぐためには、まずはSEO対策をしてしっかりと順位を上げていくこと、これが最も大切になります。

なので、稼ぐブロガーになりたいのであればワードプレスを使用しましょう。

ワードプレスはプラグインといった拡張機能が充実しているため、初心者ブロガーでもSEO対策の設定など、簡単に行うことができます。

副業に詳しいアザラシ

いかに立派な文章でも、検索エンジンに評価されないと検索上位には上がってこないからな。

分析ツールを使って、検索ユーザーがクリックしたくなるタイトルや説明文などの対策を施しておき、ユーザーの閲覧回数を増やしましょう。

子アザラシ

低品質なページは、プラグインでクロールさせないことも大切だったね!

高品質なページのみが評価されることで、さらに閲覧数も増え、広告収入が入ってきたり、アフィリエイトサイトからの成功報酬も得られます。

SEO対策、初心者編の流れは以上です。

SEO対策を学んで検索ユーザや読者の利便性につなげた結果、多くの読者を獲得できるブログを構築してくださいね!